1. トップ
  2. 移住ドラフト会議について

移住ドラフト会議について

「移住=移り住む」という概念を乗り越えろ。
地域と人の最高の出会いを生み出そう。

移住者を受け入れたい地域=「球団」と移住志望者=「選手」が
互いにプレゼンを行い、地域が移住志望者を指名する。
そう、これは、プロ野球のドラフト会議に見立てた壮大なコント。
指名が複数被ったらくじ引き。指名が成立した移住希望者と地域には期限付きの「独占交渉権」が生じる。

とことん野球を追求する“エンタメ性”や
「すぐに移り住まなくてもいい。どんな関わり方があるか考えていこう」という“ゆるさ”は、
移住という一大決心につきまとう、「地域は自分を必要としているのか」「どんな人が来てくれるのか」といった
不安を払拭し、地域と人を、ともに未来を創るパートナーとして前向きにつなぐ。

2016年に鹿児島県で始まってから、実際に移住した20組だけでなく、
「遊びに行く」「まちづくりを手伝う」など、地域と人の多様なつながりが生まれている。

4回目となる今回の南九州移住ドラフト会議は、
カ・リーグ(鹿児島エリア)、ミ・リーグ(宮崎リーグ)、ク・リーグ (熊本エリア)の3リーグ制で開催。
各4球団の合計12球団が参加する。 地域は「どんな町でありたいか。どんな人と出会いたいか」を、
移住志望者は「やりたいこと、できることは何か。どんな地域と出会いたいか」を、
真剣に考え、思いっきり遊ぶ。最高の出会いがここから始まる。

移住者を受け入れたい地域=「球団」と移住志望者=「選手」が互いにプレゼンを行い、地域が移住志望者を指名する。
そう、これは、プロ野球のドラフト会議に見立てた壮大なコント。
指名が複数被ったらくじ引き。指名が成立した移住希望者と地域には期限付きの「独占交渉権」が生じる。

とことん野球を追求する“エンタメ性”や「すぐに移り住まなくてもいい。どんな関わり方があるか考えていこう」という“ゆるさ”は、移住という一大決心につきまとう、「地域は自分を必要としているのか」「どんな人が来てくれるのか」といった不安を払拭し、地域と人を、ともに未来を創るパートナーとして前向きにつなぐ。

2016年に鹿児島県で始まってから、実際に移住した20組だけでなく、「遊びに行く」「まちづくりを手伝う」など、地域と人の多様なつながりが生まれている。

4回目となる今回の南九州移住ドラフト会議は、カ・リーグ(鹿児島エリア)、ミ・リーグ(宮崎リーグ)、ク・リーグ (熊本エリア)の3リーグ制で開催。各4球団の合計12球団が参加する。 地域は「どんな町でありたいか。どんな人と出会いたいか」を、移住志望者は「やりたいこと、できることは何か。どんな地域と出会いたいか」を、真剣に考え、思いっきり遊ぶ。最高の出会いがここから始まる。

選手で参加する

エントリーは7/31まで