1. トップ
  2. 移住ドラフト会議について

移住ドラフト会議について

プロ野球のドラフト会議に見立て、移住者を受け入れたいコミュニティを持つ地域を「球団(地域)」、
移住を検討している人を「選手(移住志望者)」として指名会議(ドラフト会議)を開催しています。

一連の企画を通じて、「球団」「選手」それぞれがプレゼンテーションを行い、
指名会議で「球団」が「選手(移住志望者)」を指名し、指名された「選手(移住志望者)」と、
「球団(地域)」には翌日から1年間の独占交渉権が生じます。

2016年から鹿児島県で開催され、鹿児島では過去2回、全国では過去1回行われるなど着実に拡がりを見せ、
全国メディアでも度々紹介されて注目度も上がっています。
また実際に指名された「選手(移住志望者)」の移住も順調に増え、2018年現在で11名が移住を実現しています。

プロ野球のドラフト会議に見立て、移住者を受け入れたいコミュニティを持つ地域を「球団(地域)」、移住を検討しているいる人を「選手(移住志望者)」として指名会議(ドラフト会議)を開催しています。

一連の企画を通じて、「球団」「選手」それぞれがプレゼンテーションを行い、指名会議で「球団」が「選手(移住志望者)」を指名し、指名された「選手(移住志望者)」と、「球団(地域)」には翌日から1年間の独占交渉権が生じます。

2016年から鹿児島県で開催され、鹿児島では過去2回、全国では過去1回行われるなど着実に拡がりを見せ、全国メディアでも度々紹介されて注目度も上がっています。
また実際に指名された「選手(移住志望者)」の移住も順調に増え、2018年現在で11名が移住を実現しています。